ATMはどこのコンビニでも最近は設置が進んでいます。普通にお金を下ろすために使用したことがある人がほとんどでしょう。

このATMには貸出と返済どちらの機能も備わっています。一部返済は受け付けていない、受け付けていても手数料がかかるところもありますが、こちらはマルチ端末を使用することで問題ありません。まずATMの使い方から解説していきましょう。

消費者金融と借り入れ契約をするとローンカードを発行してもらうことができます。普通の銀行キャッシュカードと似たようなもので、銀行カードローンならばキャッシュカードと併用できるものもありますね。これらをコンビニに備え付けられているATMに差し込むことで借り入れすることができます。対応しているATMかどうかは必ずしもATMの端末の何処かに記載されています。契約した消費者金融のマークがついているのが目印です。

関連サイト[コンビニのATMの利用ができる消費者金融 新生銀行NOLOAN]

ローンカードは郵送、もしくは消費者金融の無人端末、友人窓口で作成することになりますが、それさえあればATMからお金を銀行口座から引き出すのと同じ要領でお金を借りれます。返済時も同様にローンカードを差し込んで返済したい額を端末に投入するだけで可能なので非常に便利に使えますよね。